本文へスキップ

猫ビギナーズカフェは正式なブリーダーさんから純血種の猫をお迎えする事で不幸な猫ちゃんを減らそうという主旨のご縁組みサイトです。

猫と旅行に行く

猫Beginners-cafeトップページ → 猫ちゃんと一緒の旅


【猫と旅行に行く】

最近では、猫ちゃんと一緒に泊まれる旅館・ホテル・ペンションがあります。
神経質な猫ちゃんは、ペットシッターさんを依頼してお家でお留守番してもらう方法もありますが、パパやママと一緒であれば、初めての宿泊場所でも順応の早い猫ちゃんもたくさんいます。おうちの猫ちゃんの様子を見て、一緒にお泊りを楽しんで下さいね(^^)

猫ちゃんと泊まれる宿泊施設検索

スタッフ利用猫が泊まれる宿泊施設


■取材協力しました■

猫と旅する
猫と旅する \1.365-
著者:小山大喜
「旅行がしたい!」でも猫ちゃんがいるからあきらめてました。そんな方に最適な1冊です。猫ビギナーズカフェも取材協力しています。是非ご覧下さい。



【猫ちゃんと旅行する時に準備するもの】

・リード
猫ちゃんはビックリすると、道路に飛び出してしまったり走って安全な所へ隠れてしまう事があります。お外に連れて行くときは、車の中でもリードを付けていた方がいいでしょう。万が一逃げてしまったときのために、首輪をつけ、迷子札をしておくといいでしょう。

・キャリーケース
抱っこをしたままで移動が可能な猫ちゃんもいますが、全ての施設が猫ちゃん大歓迎というわけではありません。動物を好まないお客さんもいますので、お部屋以外はキャリーに入れて移動をしましょう。

・おトイレ
猫ちゃんは車に酔うと、おしっこやウンチをしたがります。
車の中には常にトイレを設置して、いつでも使える状態にしてあげましょう。
宿泊施設のお部屋にも、新聞紙を敷いてその上におトイレを置いてあげましょう。

・お水とご飯、おやつ
猫ちゃんがいつ欲しがってもいいように、お水とご飯、おやつを持っていきましょう。
大概の宿泊施設では猫ちゃん用のご飯は用意されていません。
お水とご飯を入れる食器と、いつもと同じフードを用意しておきましょう。

・ケージ、ベッド
お部屋で放してもいい施設であっても、パパやママがいないお部屋ではケージに入れておいて上げた方が迷惑をかけないでしょう。また、お布団で一緒に寝るのはやめましょう。猫ちゃん用ベッドを用意して、そこで寝かせてあげましょう。

・ブラシ、粘着テープ、消臭スプレー
猫ちゃんの毛は衣類や家具に付着しやすいものです。他の人へ迷惑をかけないように、猫ちゃんはきちんとブラッシングし、お部屋を出るときには最低限のお掃除をしてから出て行きましょう。

・新聞紙、ティッシュ、ウェットティッシュ、ビニール袋、雑巾
何かトラブルが生じてもすぐに対応できるように、準備しておきましょう。おトイレを置くときは、新聞紙の上におき、おしっこやウンチをとるときも周囲を汚さないようにしましょう。

・ワクチンと、常備薬
猫ちゃんを外に連れて行くときは、年に一度のワクチンをしているか確認をしておきましょう。未接種の場合は必ず接種してからお出かけしてください。また、普段飲ませている薬がある場合は必ず持っていき、車に酔いやすい子などは先に獣医さんで処方してもらい、常備しておきましょう。


ナビゲーション


猫ビギナーズカフェでご紹介可能な猫ちゃんたち

アビシニアン

アメリカンショートヘアー

エキゾチック

エジプシャンマウ

ソマリ

トンキニーズ

ノルウェージャンフォレストキャット

メインクーン

ラグドール

ロシアンブルー

純血種の成猫ちゃん

その他の品種はこちらから

ブリーダー様お申込みフォーム

ブリーダー希望の方はこちら